ろくろ体験@草春窯(そうしゅんがま)

2月4日木曜日、同じく会津の有名ブロガーオリオリさんにご手配いただき、いつもの女子会メンバー+αの総勢7人でろくろ体験に行きました。場所は会津美里町にある『草春窯(そうしゅんがま)』さんです。


IMG_9303_20160205075038b1f.jpg

じつは、昨年同町内で開催された『会津本郷せと市』で一度工房はオジャマしており、今回が二回目の訪問でした。工房は作家(田崎宏先生)のご自宅なのですが、とても素敵な建物でまず中へ入りますと

IMG_9270.jpg

IMG_9271_20160205075153308.jpg

玄関に入る前にギャラリーと工房の入口があり、この日はまずは居間にオジャマさせていただき

IMG_9215_20160205075050c89.jpg

草春窯製の素敵な器でお茶を出していただきました 

お部屋のインテリアもさること、随所にセンスが良さが出ていまして

IMG_9213_2016020508053167c.jpg

お茶菓子の羊羹をわっぱに入れるとか…とってもお洒落

湯呑み茶わんはみんなバラバラなデザインのもので出していただいたのですが、私のは

IMG_9218_2016020507505183e.jpg

肌に細工の入ったこちらの窯でも人気のタイプでした 繊細で滑らかでとっても素敵な器です(*´∀`人 ♪


さて、居間でしばし説明を受けたり質問したりしたあと、いよいよ工房に行ってろくろを体験します。こちらでは磁器の土(って言い方でいいのかな?)で作品を作っていらっしゃいますので、私たちも磁器で体験です 

まずは先生に見本を見せていただきます。

IMG_9225_201602050750544dc.jpg

まずは土を整えて

IMG_9228.jpg

大体の大きさに分けて原型みたいのを作って

IMG_9240.jpg

繊細なテクニックで希望の形に仕上げていくのですが、先生がやると


あっ


という間にできます ろくろを回し始めてから形成し終えるまでたぶん一分もかりません 写真の器も、ものの十秒くらいでできちゃいました もちろんプロだから当たり前なのでしょうが、私たちからするとまるで魔法です(笑) 参加メンバーから思わず漏れる


すげーーーーーー

おおぉぉぉーーーー



の声(笑) 

その、ものの数十秒で先生がサラリと作った器がこちら↓

IMG_9224.jpg

もちろんただの見本なので、このあとあえなく潰して粘土に返されてしまいました もったいなーーい もういっそこれでいいのに(笑)

このあとメンバーが一人ずつろくろの前に座り、あらかじめ用意しておいたサンプルなど見つつ作っていくのですが、もちろん先生の手厚い(笑)サポート付きです

IMG_9255_20160205075118912.jpg

IMG_9264_20160205075119823.jpg

IMG_9276_20160205075154a40.jpg

IMG_9284_20160205075156cb1.jpg

うまくいくコツは自我(笑)と力みを捨て、先生の指に委ねることです。ちょっとでも自分でなんとかしようとすると、すぐに器の間口がグニャングニャンになります 私はろくろは初めてではないのですが、最後にやったのがあまりにも昔でほぼ初心者。二つ作りましたが一つめはちょっと力んでヘンな形になりました(^^;)

さて、そうこうしている内に次々に出来上がっていく参加メンバーの器たち。

IMG_9265_2016020507512176a.jpg

誰の作品か分からなくならないようにと名前の入った付箋をオリオリさんが用意してくださっていて、慣れているなーというのと本当に気遣いのできるお方だなと

IMG_9268.jpg

みな神妙な面持ちでろくろ体験を見守っています(笑) たぶん一時間くらいで

IMG_9291_2016020507515753d.jpg

メンバー全員分の器ができました。一人二個ずつなので、全部で14個(ほとんど先生のサポートでw)作ったことになります。見てるよりも本当にろくろは難しいのと、じつはかなりの腕力が必要です

出来上がったメンバーの器は棚に置かれました……が

IMG_9293_2016020507521529f.jpg

上段と下段にある先生の作品との差www 少し(いや大分?)いびつなのも”味”ですかね(笑) これでも先生の補助付きなので、自分たちだけで100%やるとなるとどんな形になるのやら…。そもそもろくろは土の重心をちゃんと中心に置いたままで回し続けること自体がもう難しく、しかも土が硬くて全然形ができないしすぐに指の跡の窪みができるしで本当に難しいのです なんか悔しいのでろくろを買って攻略したくなります(しないけどw)。

このあと先生の適度な手直しと釉薬掛けと焼成をしてくださり、後日受け取りと相成ります 高台はさすがにプロでないとダメなので 


体験が終わったあとは再び居間に戻ってまたまたお茶を出していだきました

IMG_9298_20160205075217df7.jpg

今度はマグカップでした。

IMG_9299_20160205075218d3d.jpg

こちらも素敵~ ひとつ欲しいなーーーー


東京にいた超若い頃に知り合いに連れられて陶芸教室に二度ほど行き、そこでろくろを回しましたがその時もなんだかうまくできなくて、それでも小鉢を二つ作った記憶があります。あれから二十年は経っていてこの日は新鮮な気持ちで臨めました。だけどこんなに難しかったっけ?というのが今回の感想です(^^;) ともあれ焼き上がりが楽しみです


田崎先生、ありがとうございました(*^人^*)


よかったらポチっとお願いします☆


にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

ハートペンギン

Author:ハートペンギン
会津若松市在住、中年専業主婦です。北陸出身ですが、高校卒業後20年間東京でサラリーマンをやって結婚を機に会津に来ました。ラーメン好きだけどダイエットもしたいパラドックスな日々……

FC2カウンター
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック